色々なサイトを渡り歩き、気づいたらチャトレ歴10年くらい…。メインはノンアダですが、アダルトもやりますw

このサイトでチャトレへ興味を持ってくださると嬉しいですw

今回は、チャットレディをする際に必須のカメラテストについて説明していきます。
不安に思っている人も多いと思いますが、私の経験を元に説明していきますので是非参考にしてみてくださいね。

カメラテストをなぜやるのか

これからチャットレディを始めようと思っている人にとって、カメラテストは必須です。
一般の仕事の場合は、直接企業に出向いて面接をしますよね。
しかし、インターネット上で自宅にいても仕事が出来ることが魅力のチャットレディは、直接企業に行く必要はありません。
カメラテストはその面接代わりと言ったら分かりやすいかもしれません。
もう1つの目的は、しっかりとインターネットに繋いでいるのか、カメラはちゃんと接続されているか、など機能的なことの確認のためです。

カメラテストで用意するもの

まず、必ず必要なものはカメラです。
カメラを使ってサイトの運営の方と話をしますので、カメラは必須です。
カメラをレンタルで貸してくれるサイトもありますので、そちらを利用しても良いかもしれませんね。
ただ、レンタルですから返却をしなければいけません。
その手間などを考えると、カメラは購入した方がいいのかな…と思います。
カメラのグレードなどにもよりますが、電気屋さんやネットショップなどで2000円くらいからありますので、初期投資をして用意することをオススメします。
次に必須なものが、身分証明書です。
運転免許証や保険証などを私の場合はカメラを通して、見てもらいました。
人によっては、身分証明書の写真を撮って運営に送る場合もあるようです。
どちらにしても身分証明書は必須です。

カメラテストの時の服装やメイクはどうする?

カメラテストは、見た目というよりもカメラの接続や、ネット環境がしっかりしているかを重点的に見ているようです。
しかし、いくらインターネット上と言ってもカメラテストという名の面接と思って臨んでくださいね。
一般企業ではないのでスーツで臨む必要はありませんが、メイク・ヘアスタイル・服装は外に出歩いても恥ずかしくないようにしておくのが良いと思います。

カメラテストのコツ

カメラテストでは、ネット環境やカメラの映り具合などを見られます。
極端に映像がカクカクしていたり、フリーズしてしまうということは厳禁です。
カメラに映る時も、ぼやけていたり、暗かったりすると印象が悪いです。
そして、一番のポイント・コツはカメラテストの最中は明るく笑顔を心がけるということです。
サイトの説明や注意点などを説明してくれると思うので、しっかりと返事をしながら聞いて、こちらが話さなければいけない時は、明るくハキハキと応えるようにしましょう。
そうすることで、サイトの運営の方にも良い印象を与えることが出来るでしょう。

カメラテストで聞かれること

カメラテスト自体は、スムーズにいけば10分くらいで終了します。
その間に、ネット環境やカメラの接続チェック、お仕事の詳しい説明などを聞きます。
ですから、こちら側がなにか聞かれることはほとんどありません。
私がカメラテストをした時は、マイクの有り無しのことなどこれからお仕事をするにあたっての確認事項の様な事を聞かれただけでした。
後は、なにか分からないこと、質問はありませんか?といった感じでした。
聞きたいことを事前に用意しておいて、分からないことはカメラテストの時に質問してくださいね!

合否結果について

私の場合は、カメラテストの終了の時に、「では、これからお仕事を始めてください!」と言われました。
後日ではなく、カメラテストの終了の時には合格で始められるという状況でした。
しかし、稀に審査に通らないことがあるようです。
原因は、先ほどから言っているネット環境が極端に悪いことやカメラの機能やカメラの映りが暗すぎるなどの理由が多いようです。
そこを改善して、チャットサイトはたくさんありますので他のサイトに登録することも1つの方法です。

まとめ

いかがでしたか?
カメラテストの意味や意図を説明していきました。
お仕事を始めるにあたっての面接という意識を持つことは大事ですが、緊張せず、比較的楽に挑んでみてくださいね!
チャットレディというお仕事は、そんなに堅苦しいものではないので、カメラテストもフレンドリーにしてくれるサイトが多い印象です。
是非がんばってチャットレディになってくださいね!

色々なサイトを渡り歩き、気づいたらチャトレ歴10年くらい…。メインはノンアダですが、アダルトもやりますw

このサイトでチャトレへ興味を持ってくださると嬉しいですw

未分類】の関連記事
  • チャットレディのカメラテストって何をするの?
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。